Hiro Clover's Photologue

Top

「ジョブデザイン・Jr.3ジンバルキット・レポート Part4」

ジョブデザイン・Jr.3ジンバルキット・レポート Part4です。
今回はペンタックスのK-5を使ってのAF BORG編です。

AF BORGについて説明します。
天体望遠鏡であるBORGはカメラマウントを使ってカメラボディにつけると、
超望遠レンズとして使うことができます。
いわゆるデジボーグってやつですね。
撮影はMFでのピント合わせになるんですが、カメラボディがペンタックスの場合、
MFレンズでAFが使えるようになる「F AFアダプターX1.7」というものがあり、
これを使うとBORGでもAFでピント合わせができるようになります。

※メーカーの説明では、使用できるレンズはF2.8より明るいものと書いてありますが、
K-5やK-r以降のボディではF5.6でも条件によってはAFが効くようです。
完全なAFではなく、動作範囲が狭いので、予めある程度手動でピントを合わせておく必要があります。

F AFアダプターX1.7は1.7倍のテレコンになるので、
BORG 71FL(400mmF5.6)につけると680mm(35mm判換算1020mm)F9.5となり、
今まで手持ちではかなり厳しかったので出番があまり増えませんでした。(^_^;)
今回Jr.3ジンバルヘッドのモニターをやらせてもらうことなったので、
AF BORGがどれぐらい使いやすくなるのか、少しですが試してきました。
撮りに行けたのが夕方近くになったので、本当に少しですが、、、。(^_^;)


a0133692_14554286.jpg

シロハラ
「撮影データ」・SS1/400秒・F9.5・ISO800


a0133692_151531.jpg

シロハラ
「撮影データ」・SS1/250秒・F9.5・ISO800


a0133692_1524879.jpg

シロハラ
「撮影データ」・SS1/400秒・F9.5・ISO640


a0133692_1542715.jpg

シロハラ
「撮影データ」・SS1/400秒・F9.5・ISO640



「撮影機材」
・K-5・BORG 71FL・F AFアダプター1.7X


撮影できたのはシロハラだけでしたが、ミミズを一生懸命食べてるところだったので沢山撮らせてもらいました。(^_^)
日も大分落ちていたのと、今回は手持ち撮影で設定してたシャッタースピードよりも遅いものを試したかったので、
意図的に少し遅めのシャッタースピードで撮りましたが、
三脚とジンバルヘッドを使うとぶれる確率が減りますね。(^_^)
1.7倍のテレコンを挟んでる分、E-M5+BORG 71FL(直焦点)よりは解像感が落ちてますが、
レリーズを使ったり、現像時にもう少し丁寧に調整してやればさらなる解像感は得られそうです。
ボディをローパスレスのK-5IIsにするとどんな感じなのかなぁと危険な物欲が湧いてきちゃったりしてますが、
ここは我慢しようと思います、、、。(笑)

Jr.3ジンバルヘッドはカメラバッグの中ではかなり嵩張りますが、
これだけ撮影が快適になると持って行く価値は十分にありますね。(^_^)
今使ってるカメラバッグ「Lowepro フリップサイド400AW」では中がかなりパンパンになってるので、
もうちょっと大きいものが欲しくなってきました。(^_^;)

Jr.3ジンバルヘッドの操作は少しずつ慣れてきましたが、
ファインダーを見ながらだとノブの調整時にパンノブとチルトノブを逆に操作してしまう時があるので、
もう少し慣れる必要がありますね、、、。(^_^;)
レリーズを使うとまた操作感に違いが出てくると思いますので、
早く使いこなせるようになりたいです。(^_^)



「ジョブデザイン・Jr.3ジンバルキット・レポート Part1」
「ジョブデザイン・Jr.3ジンバルキット・レポート Part2」
「ジョブデザイン・Jr.3ジンバルキット・レポート Part3」
by hiro_clover | 2013-02-15 15:36 | 機材 |▲