人気ブログランキング |

Hiro Clover's Photologue

Top

「パナソニックの新製品」

a0133692_18547.jpg

天王寺動物園のシロサイ


「撮影機材」
・E-5・ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD


パナソニックから、
「LUMIX DMC-GF3」 「LUMIX DMC-G3」 「LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.」が発表されました。
G3は結構前に海外で発表済みだったんですけど、国内発表はGF3や25mmF1.4との同時発表を狙ってたんでしょうね。


デジカメWatch、、パナソニック、ストロボ内蔵で世界最小最軽量「LUMIX DMC-GF3」
デジカメWatch、、パナソニック、EVF搭載で最小最軽量の「LUMIX DMC-G3」
デジカメWatch、、パナソニック、マイクロフォーサーズ用25mm F1.4をライカブランドで正式発表



GF3の撮像素子がGF2と同等というのは予想外でした。
(オリンパスのE-620、E-30、E-5、E-P1、E-P2、E-PL1、E-PL1s、E-PL2とも一緒でしょうか、、)
個人的には、オリンパスのE-P3に載る撮像素子がちょっと心配になってきました、、、。(汗)

G3に関しては、これは正常進化といった感じで、ボディのデザイン以外は結構良いかも、、。

一番興味のあった「LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.」ですが、
想像してたよりコンパクトになってますね。
価格のほうも、キタムラでは現時点(6月14日)で¥52,900(税込)となってるので、
4万円台になるのは早いかもしれません、、。

気になるのは「ナノサーフェスコーティング」でしょうか。

ナノレベルの微細構造を持つ、超低屈折率の薄膜をレンズ表面に形成することで、
可視光域(380nm~780nm)の全領域で光線の反射を飛躍的に低減しました。
これによりゴースト、フレアを大幅に低減し、ヌケの良いクリアーな描写を実現します。

PanasonicのHPに説明がありますが、フォーサーズ用のLEICA D SUMMILUX 25mm F1.4は逆光に弱かったので、
この「ナノサーフェスコーティング」には期待したいですね。
ニコンのナノクリレンズのように、これからのパナライカレンズには欠かせない技術になるんでしょうか。

フォーサーズ用のLEICA D SUMMILUX 25mm F1.4は出番が少ないだけに、
フォーサーズとマイクロフォーサーズの2台体制で出掛けることを考えると、描写性能が互角なら、
このマイクロ用の「LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.」でも良いかなぁとか色々考えちゃいますね~。

でも、ボディに関してはE-5とE-P2では比べるまでもないので、
この先発表が噂されてるE-P3がどうなるのか、それに注目したいですね。

それにしても、、、ストロボ内蔵で世界最小最軽量とか、EVF搭載で世界最小最軽量とか、
APS-Cサイズのイメージセンサーを搭載したレンズ交換式デジタルカメラボディにおいて
世界最小最軽量(NEX-C3)とか、世界最小最軽量が乱立してますね~。(汗)
まあオリンパスも色々ややこしい世界最小を謳ってるんですけどね、、、。(笑)
(E-PL1sは、ボディに標準ズームレンズを組み合わせたレンズ交換式デジタルカメラにおいて世界最軽量らしいです)

あんまり小さ過ぎても使い難くなるだけだと思うんですけどね~。
つけるレンズの大きさは変らないんだし、、、、。
程々の大きさで、使いやすく、かっこいいデザインってのがなかなか出てくれないですね。
個人的には、E-P1のデザインでストロボ内蔵、EVF内蔵+バリアングル液晶なんて感じが欲しいんですけど。
by hiro_clover | 2011-06-14 02:38 | 新機種 |▲