「ほっ」と。キャンペーン

Hiro Clover's Photologue

Top

カテゴリ:月写真( 26 )

|▲

「Registax6の使い方 #入門編」

a0133692_17541844.jpg

Registax6の画面キャプチャ


複数枚の画像を加算合成でき、天体写真のノイズ除去や輪郭強調に使用されるフリーソフト「Registax6」
Registax6の使い方については自分自身まだ解ってない部分も多く、これまでブログで使い方など書いてなかったんですけど、とりあえず、ソフトをダウンロードするところからコンポジット処理を実行して画像を作成するところまでは出来たので、その過程をブログで紹介したいと思います。(月の画像しか試してないので、今回は月の画像を使ったプロセスになります)

まずは「Registax Download」←でソフトをダウンロードします。最新版はver.6.1.0.8 なんですが、自分のPC環境ではコンポジット処理の途中で「応答なし」になって固まってしまうので、今はひとつ前のver.6.1.0.0を使っています。最新版を普通に使えている人もいるので、最新版で不具合が出るのであれば、アンインストールして前のバージョンをインストールし直すといいかも。(最新版にするには、先にver.6.1.0.0をインストールする必要があります)

1)画像の選択

ソフトを起動、左上の「Select」ボタンを押して処理する画像を選択します。予め、フォルダを作っておいて処理する画像をそこにコピーしておくと選択が楽です。(windowsでは「Ctrl+A」、macでは「Command + A」でフォルダ内全ての画像を選択できます)

a0133692_1929377.jpg

↑文字が小さくて見難い場合はクリックしてください。

2)位置合わせ(位置ずれの補正)

画面左上付近の 「Set Alignpoints」ボタンをクリックすると、↑の画像のようにアライメントポイントが自動で表示されます。(Registax上の画像をクリックすれば、アライメントポイントを好きな場所に追加できます)
「Number of Alignpoints」の数値(今回は455になってます)を変更すれば、ポイント数の増減が出来ますが、処理が重くならない限りはそのままにしておいていいかも。
「Align」ボタンをクリックして処理が終了したら横の「Limit」ボタンをクリック。
a0133692_20163579.jpg

画面が↑のように変わりますが、ちょっと意味が解らないので弄らずに次に進みます。動画を読み込んだ時など、フレーム数が多い時に平均から外れた使えないフレームを除外する画面なのかなぁと。

3)Stack&Wavelet

画面左上付近の「Stack」ボタンをクリック。ここでの処理が一番時間が掛かります。

処理が終了すると↓の画面になります。
a0133692_20225223.jpg

↑縮小画像では判り難いですが、ノイズの無い、滑らかな月の画像になりました。今回は6枚をコンポジット処理しましたが、枚数が多ければ多いほどノイズが消える感じがします。このままでは解像感の低いのっぺりした画像なので、次は横の「Wavelet」ボタンをクリックして、シャープネスやノイズ低減などの調整をします。
a0133692_21131197.jpg

↑Wavelet処理画面(月の画像はコントラストとシャープネスを上げたので変化しています)

a0133692_21182578.jpg

↑画面左側をトリミング

左のメニューのDenoiseの数値を上げるとノイズ低減、Sharperの数値を上げるとシャープネスが上がります。下のスライドバーはそれらの強度でしょうか、右に行くほど効果が強くなります。月の画像の場合、1枚でビシッと解像してる場合は大体3~5ぐらいでかなりシャープになりますね。

DenoiseやSharperの数値は、これまでほとんど弄らずにスライドバーだけで調整していましたが、Stackが完了した後、シャープネスを上げてみてノイズが目立つようなら、Denoiseの数値を上げてみてもいいかもしれません。

画面左上の「Do All」ボタンをクリックすると、画像全体に効果が適用されます。

よく解ってないのが、1~6まであるLayerで、ここは個別にチェックボックスを外すこともできますし、それぞれ細かく調整できるんですけど、どうやったら効果的かまでは全然コツを掴めてません。
あと、画像を何枚選択してもLayerは1~6までなので、これもどういう意味なのかさっぱりです。

a0133692_22281388.jpg

↑画面右側をトリミング

ここでは、Contrast/Brightnessしか解りませんが、Contrastはコントラスト、Brightnessは明るさになります。

最後は画面左上付近にある「Save image」ボタンをクリックして画像を保存すれば終了です。(Wavelet画面左下にある「Save Scheme」ボタンで設定の保存、「Load Scheme」ボタンで設定を呼び出せます)

a0133692_22582641.jpg

クリックで拡大

Registax6で読み込む前に、6枚の画像を1600×1200pixにトリミングしています。Wavelet処理画面でLayer1~6のスライドバーを5.4まで右に動かし、Contrastを130まで上げて名前を付けて保存。ここから、PhotoshopやLightroomなどで最終仕上げをします。

「撮影機材」
・E-M1・BORG 71FL


長くなりましたが、大まかな流れくらいは伝わったでしょうか。解らないことのほうが多すぎて、ブログに載せれるレベルのことはほとんど書けてないですし、もしかすると間違ったことを書いてるかもしれませんが、とりあえずこうやって使ってます、というのをだらだらと書いてみました。

入門編とタイトルに付けましたが、続編はもしかすると書けないかも・・・(笑)


追記:当ブログ終了に伴い、ご質問にはお答え出来ませんのでご了承下さい。。
[PR]
by hiro_clover | 2014-10-12 23:19 | 月写真 |▲

「皆既月食 #2014年10月8日」

a0133692_17544359.jpg

皆既食の最大(19時54分)

a0133692_17564048.jpg

左から、18時17分、18時34分、18時48分

a0133692_17572170.jpg

18時58分、19時06分、19時11分

a0133692_21592594.jpg

19時22分、19時54分、20時32分

a0133692_22163758.jpg

20時45分、21時01分、21時20分

a0133692_1758459.jpg

21時50分

a0133692_22581795.jpg

部分食の始まりから終わりまでの写真をピックアップして、15枚を並べて合成。(クリックで長辺1600pixに拡大)

「撮影機材」
・E-P5・BORG 71FL



合計900枚以上撮ってたので、現像にかなり時間が掛かりました。沢山撮り過ぎると後が大変ですね・・・

月の欠けていく様子はどうやったら見易いか、とか考えてながらやってたら、ブログに載せるのが翌日になってしまいました。

皆既月食の撮影ですけど、前日にロケハンしようと思ってたんですが、体調を崩しちゃって、ぶっつけ本番で場所探しからやってたら、撮り始める時にはもう部分食が始まってました。自転車で走ってたら低い位置にでっかい月が見えてたので、それも撮りたかったところです。

皆既月食中は月の位置もそんなに高くなくて、何枚か撮った後はベンチに座って、音楽を聴きながらゆっくり落ち着いて見れました♪

そういえば、今回はバッテリー1個で900枚以上撮れました。目盛りはまだ1つしか減ってなかったんですけど、なんでだろ・・・


P.S.国内で次に皆既月食が見れるのは来年の4月4日だそうです。
[PR]
by hiro_clover | 2014-10-09 19:00 | 月写真 |▲

「地球照」

a0133692_2072188.jpg

月齢4
ISO800、0.8秒、F5.6

a0133692_19595026.jpg

ISO400、1/320秒、F5.6
(1467×1100pix)に等倍切り出し

「撮影機材」
・E-P5・BORG 71FL


2日続けての月の撮影です。BORGのブログに月の地球照の写真が載ってたので、今回は地球照の撮影にチャレンジしました。

地球照とは、太陽光が地球に反射して、月の欠けて影になってる部分を照らし、うっすら見えるようになる現象です。

肉眼では判り難かったんですが、撮影時の設定を色々変えてみて、なんとか縮小画像で見られる感じには仕上がりました。こういう撮影は赤道儀があれば、月を追尾できてシャッタースピードをもっと遅くできるんですけど、固定撮影ではISO800、0.8秒くらいがギリギリでしょうか。

2枚目の写真は同じ月を明るい部分に露出を合わせて撮りました。って、これはいつもの月の撮影と同じなんですが・・・

今回のボディはE-P5にしてみました。Registaxを使わずにワンショットの画像を仕上げてみましたが、う~ん、前回の12枚コンポジットの画像よりいいかも。月の撮影はE-M1よりE-P5のほうが向いてるかもしれませんねぇ。

赤道儀、一度は諦めたんですけどまた欲しくなってきました。ユニテックのSWAT-200かTOASTのTP-2、欲しいなぁ・・・
[PR]
by hiro_clover | 2014-09-29 21:00 | 月写真 |▲

「Registax #3」

a0133692_2021399.jpg

月齢3

「撮影機材」
・E-M1・BORG 71FL



Registax6を使って、9月28日の月を12枚コンポジット。
(1198×1198pixに等倍切り出し)

ずっと月を撮りたいと思ってたんですけど、24時を過ぎないと顔を見せなかったり、
朝方しか見れなかったりしてこれまでなかなか撮るチャンスがありませんでしたが、
ようやく撮影できる時間帯に月が顔を出してたので、E-M1+BORG 71FLで撮ってきました。

E-M1のファインダーは約236万ドットで高精細(背面液晶は可動式ですが約104万ドット)なんですが、
固定式なので月の撮影のような見上げる体勢でファインダーを覗くのは疲れます。
今まではチルト可能な背面液晶でピント合わせをしていましたが、
今回はチルト可能な外付け電子ビューファインダー「VF-4」をE-M1の頭につけて撮りました。
これだと、上から覗き込む楽な体勢で撮影できます。
カメラの見た目はカッコ悪くなりますけど、この組み合わせは結構実用的かも。(^_^)


・「Registax #1」
・「Registax #2」
[PR]
by hiro_clover | 2014-09-28 21:00 | 月写真 |▲

「Registax #2」

a0133692_20414410.jpg

月齢18.5

「撮影機材」
・E-M1・BORG 71FL


Registax6を使って、9月13日に撮った月を9枚コンポジット。
(1307×980pixに等倍切り出ししています)
低振動モード0秒では連写ができないので、連写H(レリーズ使用)で撮りましたが、
ぶれが収まってないのか、シャキッとしない画像が多くて、、、。(^_^;)
低振動モードでじっくり撮るほうが1枚のクオリティとしては高いんですけど、
コンポジット前提だと月が動くので難しいですね。
(位置合わせは自動でやってくれますが、月の角度が違い過ぎるとずれちゃうので)
あと、月の高度が低かったのも影響あるかもしれません。

この問題を解決するにはやっぱり赤道儀が必要だなぁと思って、今手頃なのを物色中です。(笑)
高解像を追求すると、BORG 90FLも欲しくなってきますね。
あぶない、あぶない、、、。(^_^;)
[PR]
by hiro_clover | 2014-09-14 15:38 | 月写真 |▲

「Registax #1」

a0133692_22575395.jpg

↑クリックで1542×1157pixに拡大

「撮影機材」
・E-M1・BORG 71FL



BORGのブログや価格.comなどで「Registax」というフリーソフトを見つけ、興味が湧いたので試してみました。
ブログネタ切れ中というのもあり、見切り発車の記事です。(笑)

天体写真処理用ソフトで、複数枚の画像を加算合成して、ノイズ除去、輪郭強調などを施せるというものなんですが、
先日撮った月の写真をRegistaxで4枚コンポジット処理してみました。
(4枚だと効果が薄いのかもしれませんが、連続して撮っていたものが4枚しか無かったので)

位置合わせは自動でやってくれますし、処理も自分のPC環境では結構速くて快適です。
最新版は日本語に対応してないのが辛いですけど、検索すれば詳しい使い方など解ると思いますので、
これからじっくり試してみようと思います。(^_^)
[PR]
by hiro_clover | 2014-09-12 23:15 | 月写真 |▲

「中秋の名月~2014~」

a0133692_9544857.jpg

a0133692_1717764.jpg

別カットを等倍切り出し(1578pix×1184pix)
(クリックすると拡大)


「撮影機材」
・E-M1・BORG 71FL


中秋の名月も、いつものように月だけ撮ってます、、、。(^_^;)
[PR]
by hiro_clover | 2014-09-09 00:00 | 月写真 |▲

「5月10日の月」

a0133692_1804525.jpg

月齢10(5/10撮影)


「撮影機材」
・E-M1・BORG 71FL


今回は現像にかなり時間を掛けましたが、
月の立体感が出てて結構いい感じだと自画自賛。(笑)
[PR]
by hiro_clover | 2014-05-10 23:16 | 月写真 |▲

「13日の金曜日」

a0133692_101585.jpg


「撮影機材」
・E-M1・BORG 71FL



13日の金曜日の月です。
甥っ子の宿題とのことで、一緒に撮ってきました♪(^_^)

E-M1とBORG 71FLの組み合わせは今回が初めてでしょうか。
月が天頂付近にあったので自由雲台を選びましたが、
SLIK SBH-320では微妙におじぎしちゃうので、もうちょっと頼れる自由雲台が欲しいです。
ARCA SWISS Z1とか良いなぁと思うんですけど、いいレンズ買えるぐらいの値段なので手が出ません。(^_^;)


年末ジャンボ、当たらないかなぁ、、、。
[PR]
by hiro_clover | 2013-12-15 01:17 | 月写真 |▲

「蚊に刺されながら、、。Part2」

a0133692_0561557.jpg

月齢19


「撮影機材」
・E-P5・BORG 71FL・Jr.3ジンバルヘッド


どしゃぶりの雨も上がり、空には綺麗な月が出ていました。
蚊は鬱陶しいですけど、雨のおかげか、暑さは和らいで撮影はしやすかったです。

それにしても、E-P5+BORG 71FLはよく写りますねぇ。
月の写真も、機材のおかげでレベルが上がったように感じますね。(^_^)
[PR]
by hiro_clover | 2013-08-26 01:24 | 月写真 |▲