Hiro Clover's Photologue

Top

「ジョブデザイン・Jr.3ジンバルキット・レポート Part2」

Jr.3ジンバルキット・レポートPart2です。
今回は、前回書ききれなかったJr.3の特徴をもうちょっと深く掘り下げようと思います。
まずは、各部名称から、、、。

a0133692_1731296.jpg

写真は、Jr.3ジンバルキットのレンズプレートを外した状態です。
(カメラをセットした状態だと判り難いので、レンズプレートとともに外しています)
チルトノブを緩めると、スイングアームを振り子のように前後に動かせます。
パンノブを緩めると、Jr.3ジンバルヘッド全体を水平に動かせます。

このスイングアームがついた状態をトップマウント方式といい、
特徴としては、カメラを振って手を離しても、水平を保とうとしてくれます。
(水平を保つには、カメラを取り付ける際に、重心バランスをとっておくことが必要です)
指一本で動かせるぐらい軽い操作ができるので、動体撮影とかに使うと便利そうです。

a0133692_17545742.gif

↑「トップマウント」
※このgif画像はジョブデザイン・ジャパンのHPからお借りしました。

a0133692_1851947.jpg

続いては、スイングアームを外した状態(クランプはサイドに取り付けます)です。
この本体を直接取り付けた状態をサイドマウント方式といい、
特徴は、カメラを振って手を離しても、離した位置の角度を保ってくれます。
(ある程度チルトノブを締めて、テンションを掛ける必要があります)

a0133692_18124586.gif

↑「サイドマウント」
※このgif画像はジョブデザイン・ジャパンのHPからお借りしました。



「撮影機材」
・E-M5・M.ZD 17mm F1.8

まだ実戦投入ができてないので、
今回も物撮りメインで、Jr.3の特徴を解り易く紹介したいと思って書きましたが、いかがでしたでしょうか。
動きのあるgif画像はどういう風な動作なのか解り易いかなぁと思って、
ジョブデザイン・ジャパンさんにブログでの使用許可を頂きました。

早く写真撮りたくてうずうずしてますが、
休みの日に晴れてくれるか、ちと心配です、、、。(^_^;)

次回Part3は実戦投入編を書きたいですね。
[PR]
by hiro_clover | 2013-02-05 19:20 | 機材 |▲